カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

悲しみを乗り越える日

人は死んだらどうなってしまうのか、そればかりは誰にもわかりません。
だからこそ死に対しては特別な思いを持って望む風習が昔からずっと続いていました。
その風習の最たるものが、葬式であることは言うまでもありません。
日本に限らず世界各国で様々な方法が行われています。
そして今日本では、盛大なセレモニーを行うことよりもコンパクトな単位で行うことが主流になりつつあります。

大阪でもその流れは大きく浸透しつつあり、家族葬と呼ばれるコンパクトな葬儀が実際に利用されるケースが増えてきました。
大阪市に有る斎場を利用することもできますし、自宅でも行うことの出来る家族葬は現在の社会にちょうどはまる点がたくさんあります。
家族葬とは、通常の一般葬よりももっと小さな規模で行う、親族のみで行う葬儀のことを指します。
ことさら大阪の葬儀社では、親族のみで行うプランや近親な友人を会葬者として共に混ざっていただき、アットホームな形で最後のお別れを行う家族葬が提供されています。

大阪で生まれ、この土地で育ち、そして暮らし、骨を埋める。
その一連の人生を感じることが出来る最後の大切な時間がこの葬儀という場です。
現在では儀礼的な部分を大切にしつつ、それ以上にこの心情的な部分を大事にするような風習が育っています。
あえての親族単位で別れの時間を作ることは、非常に大きな意味を持つことが出来るでしょう。
その意味をしっかりと感じ取って、選択肢の一つに入れていくことが出来ると非常に良いのではないかと思われます。

関連リンク